これってナニ?この違いはナニ?素朴な疑問を解決!

保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園の違い

子どもが3歳に近づくとお母さん方は幼稚園や保育園のことが気になりますね。また、元はキャリアウーマンだったお母さん自身も仕事に復帰したいと願うようになると思います。

 

そこで、子どもを幼稚園に入れるか保育園に預けるかを考えなければなりません。そこで、この「幼稚園」と「保育園」の違いをあらためて調べてみましょう。

 

この両者は管轄や法律が違います。
まず、保育園は厚生労働省が管轄しており「児童福祉施設」の一種になります。子どもの面倒を見る「保育士」は国家資格になっています。

 

一方、幼稚園は文部科学省の管轄で「教育施設」という区分ですので、教諭免許が必要です。

 

保育園は0歳から利用できる児童福祉施設で、幼稚園は3歳からの教育施設というわけです。

 

入園した後の負担額ですが、幼稚園のほうは大体一定ですが、保育料は収入によってまったく違ってきます。それぞれの自治体によって補助金が違いますので、お住いの自治体に聞いた方が良いですね。

 

トップへ戻る